元若ハゲの10年薄毛闘争録

プロペシアでハゲと戦い10年間。若ハゲから青春を取り戻す方法を教えます!

薄毛・AGAに勝つ!睡眠不足だとハゲるって本当?

どうもこんばんは!MTYMです。

今日は時間が無いので少し簡単なトピックで書きたいと思います。

 

テーマはズバリ睡眠不足について!

 

健康な体を維持するためには十分な睡眠は必要不可欠です。

その事実から連想される様に、健康な頭髪にも十分な睡眠が必要とよく言われます。

特に22時~翌2時は髪のゴールデンタイムと呼ばれ、健康な頭髪を維持するためには22時には就寝していなくてはいけないという定説があるほどです。

 

そこから更に連想し、

"ハゲの進行を抑えるためには22時には就寝しなくてはいけない”

とか

”睡眠不足だとハゲる"

と言う説が散見されます。

 

今回はその説について、私個人の体験に基づく意見を書きたいと思います。

 

 体感としては、睡眠不足はハゲにあまり関係ない

結論から言うと、私の体験に基づく意見としては、十分な睡眠がとれているかどうかは頭がハゲるかどうかには大きく関係しないと思います。

 

特に男性型脱毛症(AGA)が進行している場合、AGAの影響が圧倒的に支配的となり、睡眠不足による頭髪への影響は殆ど無視できるレベルなのではないかと思っています。

 

私の就寝時間は早くて23時30分ごろ、遅くて翌1時30分ごろです。

そして起床時間は平日5時50分ごろ、休日7時ごろです。

ここ数年はずっとこんな感じです。

 

どうでしょう?私の睡眠時間は十分ではないと分かると思います(笑)

それでも私のハゲは進行していません。控えめに言ってフサフサです。

 

それもこれも、前回書いた私が実行しているAGA対策のお陰だと思います。

 

慢性的に睡眠不足な私ですが、キューティクルが輝く、いわゆる"天使の輪"が出たりします。

おっさんに天使の輪が出ても気色悪いかもしれませんが・・・

"髪のゴールデンタイム"は、見た目に非常に気を使う意識の高い方以外はあまり気にしなくていいのではないかと私は思います。

 

 睡眠不足解消を武器にハゲと戦おうとしました

かく言う私も、若くしてハゲ始めた頃に、必死に22時就寝に努めていた時期がありました。

私は典型的な男性型脱毛症(AGA)でしたが、睡眠時間をどれだけ取ろうが、無情にも薄毛はどんどん進行していきました・・・

 AGAは本当に手ごわい相手なのです。

 

睡眠不足解消はハゲ対策に無意味なの?

だからといって、十分な睡眠をとることが無駄だとは思いません。

睡眠を十分とることでストレス蓄積が軽減されますし、きれいな頭髪を維持するためには、やるに越したことは無い事は間違いないと思います。

心因性の脱毛症の方であれば十分に睡眠をとってストレスを軽減するべきです。

 

ストレスを軽減することは、ハゲ・薄毛・男性型脱毛症(AGA)と戦って行く上で非常に大切なことです。

日々のストレスを抑えることで根気よく落ちついてハゲに向き合うことができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は簡単でしたが皆さんの参考になれば幸いです。

もし、ハゲや薄毛やAGAに悩まされているのに、睡眠時間が確保できずに悩みを加速させている方が居たら、そんなに気に病まないことをおすすめします。

 

ではまた!

 

よければポチお願いします!励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ