元若ハゲの10年薄毛闘争録

プロペシアでハゲと戦い10年間。若ハゲから青春を取り戻す方法を教えます!

ハゲに悩める人たちに伝えたい!~心を整える。ハゲの恐怖との向き合い方

 

私は10代の頃から薄毛に悩み始め、

20代で男性型脱毛症(AGA)の進行がいよいよ顕著になり、

23歳から本格的なAGA治療を開始しました。

 

AGAの進行が激しくなってきた20代の時期は本当につらくて、どんな時でも自分の髪の具合が気になってしまい、誰と何をしていても楽しく感じられませんでした。

数年後には自分の髪が無くなってしまうのではないかと、毎日毎日怖くて、一人暮らしの部屋で一人泣いてしまうことすらありました。

 

私は少しでも同じ様な思いをしている若者の力になりたいと思い、このブログを立ち上げました。このブログが少しでも多くの男性型脱毛症に悩む若者に届くことを切に願います。

 

今回は薄毛に悩み始めたあなたがとるべき心理的戦術について解説します。

薄毛に立ち向かうには、整った心を準備する必要があります。

 

ここからの話は男性型脱毛症(AGA)に対する悩みであることを前提とします。 

まず一番の作戦は・・・

はっきり言うと、あまり気にしないことが一番重要です。

 

ふざけんな!って思いましたか?

・・・ごめんなさい。(T_T) でももうちょっとだけ聞いてください!

 

これが本当に最高の心の在り方なのです。

ハゲが気にならなければノーダメージなのです。

たとえ髪が無くなったとしても、好きな髪形にできなくなっても、自分が幸せをいっぱい感じられるなら人生勝ちだと思いませんか?

私が薄毛に死ぬほど悩んでいた頃は、”もうこのままハゲて行ってもいいから、ハゲに悩む心を消してくれ!”と神(髪)に願ったものです。苦しみはハゲて行くことへの恐怖から生まれるのです。

 

 そんなこと言ったってどうすればいいの?

 はいそうですかで気にしないで居られるなら苦労しないよ!

・・・ごもっともです・・・。

 ハゲに対する恐怖を抑え、あまり気にしない様にするコツを教えます。

それを3つの戦略に分けてみました。

  • 敵を知ること
  • 己を知ること
  • 勝つ術があると知ること

これを駆使すればぐっとハゲに対する恐怖が和らぎます。一つずつ解説します。

 

ハゲの恐怖に向き合う3つの方法!

敵を知ること

ここで言う敵とは、男性型脱毛症(AGA)のことです。まずはこいつがどういうものかをよく知りましょう。

男性型脱毛症(AGA)については以前のエントリでも簡単に書きました。いつか改めて詳しくAGAのメカニズムについて説明しますが、そこでも書いた様に、AGAを発症する因子は遺伝によるため、進行が始まると避けることができません。

 

これは大変恐ろしい事のように感じますが、まずは落ち着いてください。

避けられないのならば、受け入れるしかありません。いくら悩んだって治りはしないのです。はっきり言って、悩むだけ無駄です。

 毎朝枕にへばりついた抜け毛を数えたり、洗髪時に手についた抜け毛を数えたりしてもAGAは治りはしません。余計にへこんでストレスになるだけなので今すぐ止めましょう。

 

あなたがするべきなのはAGAのことを理解し、対策を始めるのか、始めないのかを考えることだけです。

幸いAGAはゆっくり進行するので、考える時間は残されています。

その間にAGA治療のリスク等について十分理解し、対処の仕方を考えましょう。悩むのではなく、考えるのです。考えるというのは、未来を見据えた前向きな行動です。

 結論が出た後は、あまり気にする必要はないでしょう。実行あるのみです。

 

己を知ること

もしあなたが10代やそれに近い非常に若い世代である場合、本格的なAGA進行はまだ始まっていない可能性が高いと思います。

あなたがそれくらい若くて、自分自身でもハゲが始まったかどうか確信できないレベルでしか髪に変化が無いのであれば、まず問題ないと私は思います。気にすることも対策も必要無しです。

若いのにありもしないハゲに悩んで青春を楽しめないなんて滅茶苦茶勿体ないです。友達や恋人と思いっきり青春を謳歌してください。

 

若いのにAGAが始まったと確信できている人も、過度に恐れる必要はありません。あなたは若いので、まだAGAも始まったばかりと思います。時間はたっぷり残されていることを理解しましょう。対策のために準備する時間は十分残されています。

私はサラリーマンをしていますが、入社当時から結構”キてる”仲間がいました。(私は人のこと言えませんが)

それから10年ほどたった今、意外にも彼の髪の毛はあまり変わっていません。ハゲ友達の一人なのでいろんな話をしますが、プロペシアとかはしてないみたいです。

大丈夫、時間はたっぷりあります。いっそ一旦AGAのことを忘れてしまうのも一つの手だと思います。

 

そんなに若くないし、額が明らかに後退したし、てっぺんもハゲてきた 。このままハゲてしまうのは耐えられないというあなた。悩んでいる暇はありません。すぐにAGA対策を始めましょう。

先述の通りAGAは避けることができません。なので対策を始めたらそれ以上に出来ることはありません。効果を信じて淡々と対策を続けるだけです。悩む必要なんてありません。あなたはやれるだけのことはやっているのだから。

 

つまりは自分の状態をしっかり認識し、やるか・やらないのか、それだけを決断すれば苦悩は大きく軽減されるはずです。

 

勝つ術があると知ること

ここまでAGAは避けられないと繰り返しましたが、対抗する手段はあるということをしっかりと理解しましょう。

しかも効果が出ることが医学的に証明されている方法が用意されているのです。

その手段の一つが私も実施しているプロペシアの服用です。AGAの進行を食い止め、AGAによって弱ってしまった髪の毛の再起を助ける効果もあります。 

 

AGAは避けられないけど、確かな効果がある対抗手段をいつでも使えるんだぞという認識があるだけでも、かなり心は楽になります。

”髪が薄くなって来てないかちょっと心配だけど、いざとなれば奥の手があるからまあいいや”くらいに思っていれば、あまり気にせず毎日を平穏に過ごすことができるはずです。

 

逆にこれからAGA対策を始める人は、”この方法は医学的に確かな効果が認められている方法なんだ”と自信をもって継続してください。AGA対策は継続こそが力です。効果が出るのが遅くても、負けずに強い心を保ち続けられるはずです。

 

確かな効果が認められている対策は限られています。私が知る限りは、プロペシア、ザガーロ、そしてミノキシジルです。これらについての体験はまた今度説明しますね。

 

最後に

長いこと説教臭いことを書いてしまいましたが、私の願いはAGAに悩む人たちに平穏な心で人生を謳歌して欲しいのです。

男性型脱毛症(AGA)とは何なのかを知り、自分がどういう状態なのかを知り、自分はいつでも対策を打てるということを知れば、AGAに対する恐怖は和らぎ、あまり気にせずに生きていけるはずです。

 

AGAには確かな対策があるので、あまり気に病みすぎず、正しい情報を集め、理性的に対策の要否を決断し、人生を楽しむだけ楽しみたいものですね。

 

ではまた!

 

よければポチお願いします!励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ