元若ハゲの10年薄毛闘争録

プロペシアでハゲと戦い10年間。若ハゲから青春を取り戻す方法を教えます!

薄毛に負けない頭皮を!高価なスカルプシャンプーを2倍長持ちさせる方法

こんにちは!MTYMです。

今日は小ネタで行こうと思います。

 

以前薄毛対策としてのスカルプシャンプー使用について書きました。

特に男性型脱毛症(AGA)に対しては、スカルプシャンプーだけで戦うことは大変無謀であることは間違いありません。

しかし、プロペシアやミノキシジルの様な強力なAGA対策の補助としては優秀なアイテムだと思っています。スカルプシャンプーで頭皮を清潔に保てば健やかな頭髪の育成環境を整えることができます。

 

しかし、スカルプシャンプーは通常のシャンプーより高価であることが常です。

プロペシアやミノキシジルを使っている人はすでにそこそこの出費があり、更にスカルプシャンプーまで投入となれば及び腰になる人も多いかもしれません。

 

そこで今回はそんな高価なスカルプシャンプーをできるだけ長持ちさせる、つまり、一つのボトルで洗髪できる回数を増やす小技を教えます!

その方法はズバリ、『2回洗う』!

1ボトルのシャンプーで洗える回数を増やすためには、一回の洗髪で使うシャンプーの量を減らす必要があります。

ほんの少しのシャンプーで、たっぷりと泡立ってくれれば、1ボトルのシャンプーで何度でも洗髪できるはずです。

実は、シャンプーは頭髪に皮脂が沢山溜まっていると泡立ちにくくなります。

頭に皮脂がいっぱい纏わりついてると大量のシャンプーを使わないと満足に泡立たないということです。

洗髪した後にもう一度洗髪すると、同じ量のシャンプーでも、2回目の洗髪時の方が大量に泡立ちます。

1回目の洗髪で頭髪の皮脂がほとんど落ちてしまうので、2回目の洗髪でたっぷり泡立つことができる訳です。

 

この性質を利用して、最小限のスカルプシャンプーで最大限の泡立ちを引き出します。

 2種類のシャンプーを使おう!

2回洗髪して2回ともスカルプシャンプーを使ってしまえば逆に大量のスカルプシャンプーを消費してしまいます。

そこで、1回目の洗髪はスカルプシャンプーより安い普通のシャンプーを使います。

安いシャンプーで髪についた皮脂をさっと洗い流し、2回目洗髪でスカルプシャンプーをしっかり泡立たせて頭皮を洗浄するという手順になります。

安いシャンプーがあまり頭皮にやさしいタイプではない場合、1回目の洗髪は泡を頭皮には付けず、髪だけを洗うように意識しましょう。髪についた皮脂が落ちるだけでも2回目の泡立ちは劇的に改善されます。

 

この手順を踏めば、スカルプシャンプーを使う量は半分以下で済みます。

実際私はスカルプDを使用して2回洗髪を実践していますが、毎回スカルプDを使う量は小さじ0.6杯分くらいです。

スカルプDは1本350mlの内容量ですが、使い切るのに5カ月くらい掛けてます。

当初は普通に1回洗髪で使っていましたが、その時は2カ月で使い切っていました。

実に2.5倍以上長持ちさせることができます。 

2回洗髪のコストパフォーマンス

私は安い方のシャンプーはLUXの1,500円程度の物を使用しています。

スカルプDは税込み4,000円程度なので、月当たりの費用を計算すると以下になります。

1回洗髪: 4,000円 ÷ 2カ月 = 2,000円/月

2回洗髪:( 4,000円 + 1,500円 ) ÷ 5カ月 = 1,100円/月

2回洗髪の方が半額近く安く上がっています。

安い方のシャンプーをもっと安くすれば、更に効率よくスカルプシャンプーを使えそうです。

 

まとめ

以上の2回洗髪の手順をまとめます。

  1. スカルプシャンプーと安い普通のシャンプーを用意する
  2. 安いシャンプーで洗髪する。
  3. 泡を洗い流す
  4. スカルプシャンプーで洗髪する。
  5. スカルプシャンプーの豊富な泡立ちを堪能する

非常に簡単ですね!

皆さんもこれを参考にスカルプシャンプーで健康な頭皮を手に入れましょう!

 

ではまた!

よければポチお願いします!励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ